美肌効果を得る

脂肪吸引の仕組み

脂肪吸引と言ってもいまでは様々な方法を用いて行なわれます。代表的なウエット・メゾット法の他にも超音波やレーザーによって脂肪吸引を行なう方法もあります。どの方法を取り入れているかはクリニックによって違います。

野菜ジュース

クリニック選び

いざ手術を行なう際に安心して安全に治療を行なうためには、しっかりとクリニックを選ぶことが大切です。今では脂肪吸引に特化したクリニックもあるので口コミサイトや全国の美容外科サイトなどを確認しておくと良いです。

病棟が変わる

価格帯

全国の美容外科で行われる脂肪吸引ですが、もちろん価格も様々です。吸引する脂肪の量で価格設定をするところもあれば、一律で価格設定するところもあります。方法別におおまかな価格帯をご紹介します。

脂肪吸引をやってみる

女医に診てもらう

脂肪吸引を考えている人のほとんどは自分自身の身体についた脂肪に悩まされていることがほとんどです。
過酷で辛い運動や無理な食事制限でもなかなか脂肪が落ちないという人も少なくありません。
そもそも、脂肪の根本となる脂肪細胞の数には個人差があり、幼少期に脂肪細胞の数が決まってからは基本的に数が変わることはありません。
ダイエットで痩せた人でも脂肪細胞の数が減っているということはほとんどないのが現状です。
その変わることのない脂肪細胞を直接的に減らしてくれる役割を持つのが脂肪吸引といえます。
吸引にはお金もそうですが身体に少なからず負担もかかるので、それらを理解したうえで脂肪吸引を受ける必要があります。

あらゆる美容外科クリニックで行なわれている脂肪吸引ですが、基本的にある程度の方法は共通しています。
まず脂肪細胞を柔らかくして、その後カニューレという管状のもので脂肪を吸引します。
脂肪細胞を柔らかくする方法はクリニックによって違いますが、どのクリニックも様々な方法で患者の負担を軽減する考えで日々取り組んでいます。
患者さんによっては、一般的に使われているカニューレでも大きな負担になる場合もあるので、細いカニューレを使用したり、カニューレを保護する機能のある器具を使用したりしています。
脂肪吸引を施術して終わりではなく、行なう前にしっかりとカウンセリングを行ない、終わった後もアフターサービスとして悩み相談を受付けているクリニックが今では多くなっています。
また、クリニックによっては、アフターケアに日々の食事改善方法や運動方法も専門家によって教えてくれるクリニックもあります。

脂肪吸引の場合、その施術自体は数時間で終わりますが、手術後も数日腫れや痛みが続くことも少なくありません。
もちろん、変動することのない元々の脂肪細胞そのものが身体からとってしまうわけなので、身体に大きな負担がかかります。
軽くても1ヶ月程度ですが、より大部分の手術を行なう人は半年程度、違和感が残ることもあります。
手術を行なう前に、自分の健康状態をもう一度確認し、それでも脂肪吸引を受ける場合は担当医に手術後のことのしっかり相談して不安を減らすことが大切です。